バイアグラ,シリアス,レビトラ,比較

バイアグラ・レビトラ・シアリスを比較その違いや飲み方副作用など

バイアグラ・レビトラ・シアリスの歴史

 


★バイアグラ

 

バイアグラは世界で初めて開発されたED治療薬で、狭心症の治療薬を開発中に偶然見つかった薬です。
当時、バイアグラが発売されると夢の薬と大きな話題になり、アメリカのセレブの間ではもてはやされ
大変な騒ぎになりました。

 

これを見た日本でもこの薬を欲しい人が、個人輸入をして使用する人が増え多くのバイアグラが日本にも入ってきました。

 

バイアグラ,シリアス,レビトラ,比較

ですが、バイアグラにはニトロなど一緒に服用してはいけない薬があり、そのことを知らずに服用した
日本人は、身体的に大きなダメージを負う人も現れました。

 

これを見た日本政府も早急に認可を下す必要があり、1999年に日本でも発売になりました。

 

日本での発売は、25mgと50mgだけで100mgについては日本では許可されませんでした。

 

 

★レビトラ

 

レビトラはバイアグラの欠点を補完する目的で開発され、ドイツのバイエル社から2003年に発売されました。

 

レビトラは日本では、幻の5mgと10mgと20mgが許可されました。

 

レビトラの5mgは理由は分かりませんが、日本で許可されるためにはそれが必要だったようです。

 

レビトラの特徴は効果の速さと、食事に影響されづらい点が上げられます。

 

★シアリス

 

シアリスは最新のED治療薬で2003年にアメリカのリリー社によって発売されました。

 

シアリスはこれまでのED治療薬と全く異なるコンセプトで作られています。

 

シアリスの分子構造はとても硬く、体内に入っても簡単には溶けず徐々に溶ける事で、なんと36時間と言う
驚異の効果の持続性を持っています。

 

またシアリスは他のED治療薬に比べて副作用が少なく更に食事の影響をほとんど受けないなどの利点があります。

 

※ED治療も大切ですが、万が一の性病の検査も匿名でしておきましょう。

 

男性用性病検査キット

 

各種ED治療薬について分かりやすくご説明をしていきますのでよく読んで参考にしてください。

 

バイアグラ・レビトラ・シアリスの比較

 

バイアグラは当初アメリカでは100mgが存在しており、実際には発売のほとんどが100mgだったそうです。
ですが、日本政府は100mgの許可を下しませんでした。

 

理由としては、海外の人に比べて日本人の体格は小さいので100mgでは副作用が出る確率が高いと見たようです。

 

ですが、現在では海外との体格差はかなり縮まっており、日本人も100mgを使用するようになっています。

 

 バイアグラ,シリアス,レビトラ,比較

又、ED治療薬の中で唯一特許が切れて日本純正のバイアグラジェネリックが発売になっています。

 

バイアグラの使用方法は、空腹時に性行為の1時間前に飲んでその効果は3〜4時間あると言われています。

 

レビトラは、バイアグラの欠点を補充する目的で作られ、食事の影響を受けづらく効果が出るまでに30分ぐらいで十分で、人によっては10分ぐらいで効果を感じる人もいるようです。

 

レビトラの使用方法は、性行為の30分ぐらい前に服用して、その効果はレビトラ20mgで8〜10時間と言われています。

 

シアリスは以上のバイアグラ、レビトラとは全く違ったコンセプトで作られています。

 

シアリスは、他のED治療薬に比べて更に食事の影響を受けづらく効果の時間がシアリス20mgで約36時間と言われています。
シアリスの分子構造が堅固なために、体に徐々に吸収される仕組みになっていて、この長い継続を可能にしています。

 

この点では、レビトラは簡単に溶けて早く吸収されるのに対して、シアリスは全く反対の作用で働いています。

 

バイアグラ・レビトラ・シアリスをいろんな切り口で比較してみると。

 

効果の時間では
バイアグラ<レビトラ<シアリス
勃起の強さでは、
バイアグラ50mg=レビトラ10mg=シアリス10mg
勃起の硬さでは
バイアグラ>レビトラ>シアリス

 

と言うような感覚です。

 

バイアグラは他のレビトラ。シアリスに比べますと余計な成分が入っていない分勃起に全ての成分が直結しますが、シアリスに至っては、成分がゆっくり溶けますので、強い勃起は期待できません。
※シアリスの勃起は決して性行為をするのに困るような状態ではなく、ソフトな感じの勃起と考えて下さい。
バイアグラの勃起は、硬くガチガチな感覚です。

 

これらの薬の選び方ですが、あなたのED(勃起不全)の状況に合わせて決めるのがいいと思います。
1回目は全く正常で、2回目ぐらいからなかなか行かず中折れしてしまう人は、バイアグラ50mg、レビトラ10mg、シアリス10mgがいいでしょう。
全く勃起が上手くいかない方は、バイアグラ100mg、レビトラ20mg、シアリス20mgがおすすめです。

 

どんな薬でも、合う合わないが必ず存在しますので実際に服用してみないと分かりません。
バイアグラだと頭痛が酷くてだめだが、シアリスだと問題が無い。
レビトラだと副作用が強くてだめだが、バイアグラだと全く副作用が全くない。

 

など人それぞれですので、まずは少量から試してみて下さい。

 

ED治療薬全般に言えるのですが、ニトロなどの薬を使用している人は使用でいません。
又高血圧で、そのままコントロールをしていない人も使用できません。

 

副作用に関しては、どの薬も成分が同じですので似ています。
顔の火照り、鼻づまり、頭痛、光が青みがかって見えるなどが出る場合があります。

 

使用方法のおすすめは、若い時の硬い勃起を得たい人にはバイアグラ、とにかくすぐに効果を得たい人にはレビトラ、時間を気にせず長期に効果を得たい人にはシアリスト言う感じです。

 

下記にあてはまる方はバイアグラ・レビトラ・シアリスを飲んではいけません。

 

■バイアグラ・シリアス・レビトラの禁忌事項

 

 

バイアグラ・レビトラ・シアリスの個人輸入

 

バイアグラ、レビトラ、シアリスを日本で購入した場合には下記のようになります。

 

★バイアグラ
25mg 1錠 1,300円(税込)
50mg 1錠 1,500円(税込)
プラス初診料など

 

★レビトラ
10mg 1錠 1,500円(税込)
20mg 1錠 2,000円(税込)
プラス初診料など

 

★シリアス
10mg 1錠 1,700円(税込)
20mg 1錠 2,000円(税込)
プラス初診料など

 

上記のような金額になります。
バイアグラに関しては、日本でもジェネリックが発売になっていますので少しお安く購入する事ができます。
※バイアグラの特許が切れて日本でもジェネリックが発売になっているのですが、外国のジェネリックに比べるとかなり高額な販売になっています。

 

初めての内は、泌尿器科に行って上記の値段でどれが自分に合うのかを試してからクスリが決定できた時点で、海外のジェネリックを使用するといいでしょう。

 

バイアグラ,シリアス,レビトラ,比較

 

★個人輸入

 

医薬品はある一定量(約1ヶ月分)までなら自由に薬を個人で海外から購入してもいいと言うのが、薬の個人輸入の基本です。
いろんな薬に関して更に細かく分類されていますので、詳しく知りたい方は下記を参考にしてください。

 

■医薬品等の個人輸入について

 

個人輸入が許可されているのを分かっていても、実際に個人で輸入する事は簡単でありません。
そのために、このくすりの個人輸入を代行して行ている会社が存在します。

 

通常はそのような会社にお願いして、ネット購入のような感じで薬を購入する事ができます。

 

★ジェネリック

 

ED治療薬の中で、特許が切れてジェネリックを販売してもいい薬は、今のところバイアグラだけです。

 

ですが実際には海外で、レビトラ・シアリスのジェネリックが発売されています。
では偽物ではと思う人がいるかもしれませんが立派な本物がはつばいされています。
その理由に関しては、インドの特許に関する考え方の違いから作る事ができるようになっています。

 

更に詳しく知りたいからは下記を参照して下さい。

 

■インドの特許に関する特殊事情

 

現在ED治療薬のジェネリックですと、1錠数百円で買える状態です。

 

日本では1錠数千円の薬が10分の1の値段で購入する事ができます。

 

やはりこれでだけ値段が違いますと、やはり海外のジェネリックを欲しくなるのは当たり前です。
ですが、その気持ちを上手に利用して、中国などで偽物を作って平気で販売しているショップもありますので注意しましょう。

 

最新ED治療薬アバナフィル

 

最近になって海外では、新しいED治療薬が発売になっています。

 

レビトラよりも効果が早くシアリスより食事の影響を受けないと言う新薬で、名前はアバナフィルと言います。

 

アバナフィルは、50mg、100mg、200mgの3種類が発売されていますが、100mgから始める事がメーカーより推奨されています。

 

アバナフィル
今までのED治療薬に加えて代4のED治療薬が出てきたおかげで、更に皆さんの選択幅が広がりました。

 

今までのバイアグラ、レビトラ、シアリスがどうしても合わなかった人でもアバナフィルなら大丈夫かもしれません。

 

アバナフィルは日本には存在しませんので、海外から個人輸入で購入するしかありません。

 

最近では、アバナフィルを使用した経験のある方のある方もだいぶ増えてきています。

 

いろんな口コミが出ていますのでそちらを参考にして頂くとその良さわ分かると思います。

 

アバナフィルのコンセプトはバイアグラと同等の力があって、持続時間、副作用が少ないと言う事ですので、期待はできます。

 

ED治療薬の値段

 

バイアグラが特許期間が切れて、日本純正の薬も出てきています。

 

現状の値段設定を下記に書き出してみました。

 

バイアグラ25mg 1,300〜2,000円(1錠)
バイアグラ50mg 1,500〜2,200円(1錠)
レビトラ10mg 1,500〜2,000円(1錠)
レビトラ20mg 2,000〜2,500円(1錠)
シアリス10mg 1,700〜2,200円(1錠)
シアリス20mg 2,000〜2,500円(1錠)
バイアグラ ジェネリック25mg 550〜650円(1錠)―日本製
バイアグラ ジェネリック50mg 900〜1,100円(1錠)―日本製

日本製のバイアグラはジェンリックといえどもかなり高額の設定になっていることに気が付いたでしょうか?

 

海外ではバイアグラのジェネリックといいますと、カマグラが有名です。

 

カマグラの値段をみますと、

 

バイアグラ・ジェネリック (カマグラゴールド)100mg
1箱 (4錠入り) \3,516 \3,516
3箱 \1,486(57%お得) \4,458
5箱 \1,080(69%お得) \5,400
7箱 \906(74%お得) \6,342

 

7箱で購入しますと、906÷4=で226円になっています。
100mgですので、50mgでは113円となります。

 

バイアグラ ジェネリック50mg 900〜1,100円(1錠)―日本製
ですので、海外で流通しているジェネリックがいかに安いかが良く分かります。

 

今現在ではED治療薬はやはり海外製の方がかなり安く手に入るようです。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ